Panasonicの洗面化粧台、エムラインを見学に来ませんか?

  • 投稿日:2017年 8月 4日
  • テーマ:


いつもブログをご覧いただきありがとうございます!
一宮の総合リフォーム店「ハウスメンテナンス」です。





こんにちは、一宮ショールーム店事務員の石井です(^-^)
一宮ショールーム店の展示品紹介も第4回となりました!
今回は第2回、第3回に続いて、5つ展示してある洗面化粧台についてご紹介していきたいと思います。




今回ご紹介するのは、
幅600㎜「Pnasonic エムライン」です!!


Panasonic エムライン



Panasonicってどんなメーカー?

Panasonicって、聞いた事がない人はいないと言っても過言ではないくらい有名ですよね!
Panasonicは松下幸之助が設立した会社で、
家庭用電気製品から住宅関連製品まで幅広く取り扱っている有名なメーカーです。

松下幸之助は、世界にも広く知られている日本の偉人の一人ですね!

そんなメーカーの商品となります。




商品の特徴としては...

洗面ボウルが人造大理石でできており、陶器製のものより衝撃に強く、割れにくくなっています。
また、陶器製のボウルの約1/5の重さです。
衝撃に強いので、うっかり重いものと落としても安心!!


エムラインの人造大理石の洗面ボウル




コンパクトで水ハネしにくいシングルシャワー混合水栓で、
ワンタッチでシャワーと整水の切り替えができます。

エムラインも洗面台で洗髪しやすいように、
洗髪時には約46㎜水栓がリフトアップでき、両手が使えるようなつくりになっています!


リフトアップしたシングルシャワー水栓




ミラーは、使いやすさにこだわったシンプルな1面鏡です!
第2回、第3回でご紹介した幅750の2つの洗面化粧台は3面鏡でしたが、
幅が600㎜というコンパクトな洗面化粧台は1面鏡になります。



エムラインのミラーはくもりシャット仕様のもので、
やわらかい樹脂膜で吸水コーティング加工されており、
お風呂上がりの湯気でも曇りにくくなっています!

ちなみにこちらの加工、ヒーターを使っていませんので、
うっかり消し忘れて電気代が!!!なんてことにはなりませんので安心です!


エムラインのくもりシャットミラー



ベースキャビネットは両開きタイプで、奥行きが420㎜とコンパクトサイズになっています。
コンパクトな分、両開きタイプで配管のところのデッドスペースを効率よく収納へ使えるようになっています。


エムラインの両開きタイプのベースキャビネット




洗面台は第2回、第3回、今回のものを含めて5つ展示してあります。
紹介がまだのものは追って紹介していきたいと思います!



洗面リフォームをお考えの方、一宮ショールームへ一度実物を見にいらっしゃいませんか?
お待ちしております!







←キッチン(トクラス G-styleⅡ)の紹介はこちら

←洗面化粧台(トクラス EPOCH)の紹介はこちら

←洗面化粧台(LIXIL ピアラ)の紹介はこちら

洗面化粧台(ノーリツ シャンピーヌ)の紹介はこちら→

洗面化粧台(LIXIL エスタ)の紹介はこちら→

トイレ(LIXIL アメージュZ)の紹介はこちら→

トイレ(Panasonic NewアラウーノV)の紹介はこちら→

トイレ(LIXIL リフォレ)の紹介はこちら→

トイレ(TOTO GGⅡ)の紹介はこちら→

トイレ(TOTO ネオレストAH2W)の紹介はこちら→

キッチン水栓(takagi みず工房)の紹介はこちら→






そしてそして、告知です!!!!!

『外装リフォーム相談会』



8月26日(土)、8月27日(日)
10:00-16:30
場所:名古屋文理大学文化フォーラム 会議室 で開催します。

この記事を「いいね!」と思った方は右のボタンからぜひFacebookページに「いいね!」をお願いいたします。→ iine.jpg

ハウスメンテナンスの施工事例はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg


外壁塗装リフォーム・屋根リフォームをお考えの方はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg


外壁塗装の窓口