一宮市にて和式トイレを洋式トイレへの交換工事の様子です

  • 投稿日:2017年 12月26日
  • テーマ:

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!
一宮の総合リフォーム店「ハウスメンテナンス」です。




一宮市内で和式トイレから洋式トイレに変える工事を行っています。

工事のご依頼となったきっかけは築30年以上経ち、
住まわれてるお母様のために工事をしたいというご家族からのご依頼でした。

和式トイレだと、どうしても高齢になってくると使い勝手がなってきます。
近年は、洋式トイレが主流となってきています。

リフォーム用のトイレも洋式トイレがメイン商品になっています。

施工前の和式トイレ

施工前の和式トイレ②

施工前の和式トイレ③


スペースを有効に活用するため、壁を壊しトイレの向きも変更しました。

壁を壊して新しい壁を造作中


入口の動線には手すりを設置しています。

手すりを設置したトイレ

手すりを設置したトイレ全体


ハウスメンテナンスでは、こういった手すりの設置など
バリアフリー工事も承っております。
バリアフリー工事、トイレ工事のご相談・お問い合わせもお気軽にご連絡ください!



まもなく完成です!
完成した際またこのブログでご紹介しますね♪








そしてそして、告知です!!!!!

『外装リフォーム相談会』



2月24日(土)、2月25日(日)
10:00-16:30
場所:名古屋文理大学文化フォーラム 会議室 で開催します。

この記事を「いいね!」と思った方は右のボタンからぜひFacebookページに「いいね!」をお願いいたします。→ iine.jpg

ハウスメンテナンスの施工事例はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg


外壁塗装リフォーム・屋根リフォームをお考えの方はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg



一宮市にて外壁トタンの塗膜のめくれが見られるお宅で無料住宅診断を行いました

  • 投稿日:2017年 12月26日
  • テーマ:

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!
一宮の総合リフォーム店「ハウスメンテナンス」です。





今回は、一宮市にて外壁の塗り替えを行う際に外壁の状態を把握する為無料住宅診断を行いました。


チョ―キングのみられる外壁

チョ―キングのみられる外壁②

こちらのお宅は以前弊社にて屋根の葺き替え工事を施工させて頂いており、
今回毎年一年に一回のメンテナンスの際に
ずっとお客様が気にしていらっしゃった外壁を塗り替えたいという事でした。

外壁診断を行うと、はやりお客様より伺っていたように多数のリフォームサインが見つかりました。
まず初めに古くなった塗膜が撥水性を失い目視できるほど色褪せを起こし、チョーキング現象が見られました


コケの生えた外壁

クラックのある外壁

その他にも乾きの悪い外壁面には苔が付着し、クラックなども確認できました。

外壁面に付着した苔は塗り替えの際にバイオクリーナーを使用して根こそぎ落とし
クラックは幸いヘアークラックと呼ばれる軽度なクラックの為補修後、塗り替えが可能です。


塗膜がめくれている破風

塗膜がめくれているトタン壁

塗膜がめくれている外壁

塗膜がめくれているトタン壁②

続いて外壁トタンの塗膜のめくれです。
やはりお客様にて気にしていらっしゃったぐらいなのでトタン部分には数多くのめくれが確認できました。

早期段階でめくれている場所にはサビなども確認できました。
通常、外壁塗装は塗装前に高圧洗浄を行います
外壁トタンの場合は水洗いでは、塗膜のめくれや錆は落とす事ができない為、手ケレンを行う必要があります。


今回は、幸いお客様が早めに点検依頼をしていただいた事により、
致命的な劣化は外壁には見当たらなく、リフォームでも選べる選択肢が多く、
お客様のご希望、ご予算に合わせて提案ができそうでした。



塗装後10年経つお客様は、下から見て綺麗でも選択肢が多い間に一度無料住宅診断をしてみてください。
ハウスメンテナンスでは、お客様ご自身でDIYされる場合のアドバイスから住宅診断のプロが細かい診断まで、
お客様一人一人に適したリフォームをご提案させて頂いています。


住宅でお困りの際はハウスメンテナンスへご相談下さい。








そしてそして、告知です!!!!!

『外装リフォーム相談会』



2月24日(土)、2月25日(日)
10:00-16:30
場所:名古屋文理大学文化フォーラム 会議室 で開催します。

この記事を「いいね!」と思った方は右のボタンからぜひFacebookページに「いいね!」をお願いいたします。→ iine.jpg

ハウスメンテナンスの施工事例はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg


外壁塗装リフォーム・屋根リフォームをお考えの方はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg



可児郡御嵩町にて劣化した破風の補修工事を行いました

  • 投稿日:2017年 12月25日
  • テーマ:

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!
一宮の総合リフォーム店「ハウスメンテナンス」です。






施工前のボロボロの破風

施工前のボロボロの破風②


破風も屋根や外壁と同じく、長いこと風雨から家を守ってくれる大切な部材になります。
しかし、馴染みのない名前や屋根の飾りだと思われたりと知らない方も多いみたいですね。
そんな見落とされやすい破風の補修は足場が必要になる事が多いので、工事も大掛かりになってしまいます。

施工前のボロボロの破風③


特に多いのが木製です。
この破風板も塗装の必要がありますが、木部の場合は再塗装してもあまり長持ちしないのです。
普段から風雨や日光を強く受けるのも原因の一つです。

もし、劣化が進んで破風板が変形したり脆弱な状態になると破風板を丸ごと交換する大工事になることもあります。
今回は下地として使えるので板金を巻いていきたいと思います。

施工後の破風

施工後の破風②


板金は現場で加工しながら取付けます。
切妻屋根ならば足場が必要ですが、今回は入母屋なので職人も安全帯のみで施工できます。

また、板金巻きの施工は木部の劣化を抑えることや今後塗装がめくれる心配がありませんので、
将来的にも無駄のない施工になりますね。

施工後の破風③

施工後の破風④


最後の仕上げに細かなシーリング作業して終了となります。

施工させていただいたお客様は定期点検後の顧客様でした。
一階の破風板を数年毎にDIY塗装されてます。
スゴく綺麗な状態でした。

二階は自分では見れないし、状態も気になっていたそうです。
酷くなる前に補修できたことが一番喜んで頂けました。



ハウスメンテナンスでは施工後の定期点検を行っております。
その時の状態をご報告させていただき、DIY相談なども承っております。
お困りごとや些細なことでもご相談下さい。
お待ちしております。








そしてそして、告知です!!!!!

『外装リフォーム相談会』



2月24日(土)、2月25日(日)
10:00-16:30
場所:名古屋文理大学文化フォーラム 会議室 で開催します。

この記事を「いいね!」と思った方は右のボタンからぜひFacebookページに「いいね!」をお願いいたします。→ iine.jpg

ハウスメンテナンスの施工事例はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg


外壁塗装リフォーム・屋根リフォームをお考えの方はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg



1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装の窓口