経年劣化で破損した雨樋交換をしました。

  • 投稿日:2019年 7月16日
  • テーマ:


いつもブログをご覧いただきありがとうございます!
一宮の総合リフォーム店「ハウスメンテナンス」です。






本日破損した雨樋の取り付け作業を行いました!


6743.jpg

6744.jpg

6745.jpg

施工前の雨樋の状態です。

屋根下地の垂木に釘で取り付けてある雨樋の金具が雨水などにより錆びて破損しており、この症状により雨樋が垂れ下がる事や、破損しているのが見られました。雨天時、屋根から流れる雨水が雨樋の中に入らず、地面に落ちており、庭の土がぬかるみ、水たまりができている状態でした。

今回は、既存の雨樋をすべて撤去して、金具から新しく雨樋を取り付ける工事風景をご紹介します。




はじめに、劣化した雨樋と軒樋金具を撤去していきます。

撤去が終わりましたら、軒樋金具を設置する屋根下地の垂木の状態を確認します。
今回は目立った劣化見られなく、丈夫でしたので、問題はありませんが、垂木腐っていたりしていたら金具が設置できないため、垂木の補強や交換が必要となります。


次に雨樋の金具を設置していきます。

既存金具は鉄製の金具を使用していましたが、今回はステンレス製の金具を使用していきます。鉄とステンレスの違いは、簡単に言いますと、鉄よりステンレスは錆びに強くて、丈夫です!現代ではステンレスが主流になります。

金具の設置が終わりましたら、既存と同じPanasonicの【アイアン丸105】を新しく取り付けていきます!
こちらの雨樋【アイアン丸105】は鉄芯が軒樋の中に含まれているため、変形しにくく、耐久性、強度性に優れている雨樋です。



6746.jpg

6747.jpg

6748.jpg


新しく軒樋を取り付けたら、最後に縦樋と軒樋をつなげて完成です!


雨樋に同じような症状が見られるお宅は、お家を雨水から守るために、一度点検をされてみてください!




そしてそして、告知です!!!!!

『 ア ピ タ de 住 ま い 相 談 』

 <アピタ木曽川店>
〒493-0001
一宮市木曽川町黒田八ノ通り51−4 アピタ木曽川店1階
TEL:0586-82-3487
FAX:0586-82-3488
 <アピタ稲沢東店>
〒492-8092
稲沢市下津穂所1丁目1-1 暮らしカフェ店内
TEL:0587-33-1011
FAX:0587-33-1012

住まいの相談窓口、ワントップハウスOPENしました!
従来の住まいのリフォーム相談だけでなく
新築、不動産、賃貸、管理、老人ホーム紹介など新たなサービスも始まりました!





この記事を「いいね!」と思った方は右のボタンからぜひFacebookページに「いいね!」をお願いいたします。→ iine.jpg

ハウスメンテナンスの施工事例はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg


外壁塗装リフォーム・屋根リフォームをお考えの方はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg


外壁塗装の窓口