一宮市で、台風に備えて棟の組み直し工事を行いました。

  • 投稿日:2019年 7月16日
  • テーマ:


いつもブログをご覧いただきありがとうございます!
一宮の総合リフォーム店「ハウスメンテナンス」です。






今回は一宮市で施工した、棟の組み直し工事の様子を紹介します。

前回、このお宅の現地調査の様子を紹介しました。



1.jpg

2.jpg


前回書いたとおり、瓦が飛散してしまうのは下地が弱ってきているためです。
今回のお家は棟の中に木が入っているため、その木を交換しなくてはいけません。


ですので、最初に屋根の棟の解体から行います。

3.jpg

4.jpg

5.jpg


瓦に関してはまだまだ使用できるため再利用します。
ですので、できるだけ傷つけることの無いように置いておきます。
瓦を取り外した後は、漆喰を撤去し、垂木も解体していきます。これらは再利用できません。

その後、垂木を固定するための金具を新しく新設し、垂木の取り付けを行います。


6.jpg

7.jpg

8.jpg

今回の垂木は色が黒くなっていますが、これは通常の木ではなく、樹脂製の垂木を使用させていただきました。

樹脂製の素材は木のようにビスを打ち込んだり、好きな長さで切って使用できたりします。
また、木は吸い込んだ湿気を吐き出すという性質があり、長く使用し続けるといずれ腐食してしまうという弱点がありました。

一方の樹脂製の素材は湿気や水を吸わないため、対候性はとても高く、今回のような雨に触れやすい箇所にはよく使用されます。



9.jpg

10.jpg

その後、漆喰を塗っていきます。

漆喰は屋根の内部への雨水の浸入を防ぐ役割をもっているため、隙間やひび割れが起きないように塗ります。
本来であれば、この位置の漆喰は中の葺き土が流れ出てしまうのを防ぐ役割もありますが、今回使用したのは南蛮漆喰という種類の漆喰で、葺き土の代わりにも使用できます。



11.jpg

12.jpg

最後に、瓦を被せ直して工事完了です。





お家の屋根は近くで見る事ができないため、屋根内部の劣化に気付きにくいです。

今年ももう間もなく台風の季節がやってきますので、しっかり点検を行い、万全の状態にしておきましょう。




そしてそして、告知です!!!!!

『 ア ピ タ de 住 ま い 相 談 』

 <アピタ木曽川店>
〒493-0001
一宮市木曽川町黒田八ノ通り51−4 アピタ木曽川店1階
TEL:0586-82-3487
FAX:0586-82-3488
 <アピタ稲沢東店>
〒492-8092
稲沢市下津穂所1丁目1-1 暮らしカフェ店内
TEL:0587-33-1011
FAX:0587-33-1012

住まいの相談窓口、ワントップハウスOPENしました!
従来の住まいのリフォーム相談だけでなく
新築、不動産、賃貸、管理、老人ホーム紹介など新たなサービスも始まりました!





この記事を「いいね!」と思った方は右のボタンからぜひFacebookページに「いいね!」をお願いいたします。→ iine.jpg

ハウスメンテナンスの施工事例はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg


外壁塗装リフォーム・屋根リフォームをお考えの方はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg


外壁塗装の窓口