一宮でリフォームをするなら信頼・実績のあるハウスメンテナンスへ
一宮でリフォームをするならハウスメンテナンスにお任せください
一宮でリフォームをするならハウスメンテナンスへ
一宮でリフォームをするならハウスメンテナンスへ。施工実績多数あり
一宮で屋根の修理営繕をするならハウスメンテナンスへ
一宮で屋根の修理営繕をするなら信頼・実績のハウスメンテナンスにお任せください。

多治見市にて劣化した棟板金の補修工事を行いました。

  • 投稿日:2017年 12月 9日
  • テーマ:

岐阜県多治見市にて棟板金(屋根の高い位置に取付ける部材でスレート屋根は金属製が多い)の下地を交換する作業の様子です。
貫板という木製の下地を直します。

貫板鉄釘サビ

貫板鉄釘サビ

釘の浮きが原因で板金の継ぎ目にも隙間があります。
鉄釘が錆びて、板金がもらい錆びしてる状態ですね。
固定しなければ板金が飛ぶ可能性もあり危険です。

貫板下地確認

貫板下地確認

黒く変色してるのは特に腐食が進んでいる箇所です。
この下地を貫板と呼びますが、今回は木製で防腐剤塗布の貫板に交換していこうと思います。
最近の施工では腐らない樹脂貫板もあります。

木製防腐剤塗布の貫板へ交換

古くなった貫板を撤去しエプトシーラー(耐熱、耐候性のある防水パッキンのようなシール)を貼り付けます。
既存の貫板はスレート瓦に直接打ち付けてありました。

新しい貫板へ交換

新しい貫板へ交換

新しい貫板へ交換

新しい貫板へ交換


新しい貫板を設置し、更に防水シートを被せてます。解体した棟を復旧し、鉄釘ではなく防水パッキン付きのビスで打ち付ければ、棟はしっかりと固定されます。
貫板交換作業施工後

貫板交換作業施工後

最後の仕上げに棟板金の継目にシーリングして作業終了となります。
棟板金は瓦の棟と比べ軽くて地震には強いですが、耐久性は低くなります。
台風などの自然災害の影響も受けやすい部分みたいですよ。


ハウスメンテナンスでは住宅の無料診断から施工後の定期点検も行っております。
新品に交換ではなく、補修であっても長持ちさせる為の補修をご提案させていただいております。是非一度、ご相談下さい。




この記事を「いいね!」と思った方は右のボタンからぜひFacebookページに「いいね!」をお願いいたします。→ iine.jpg

ハウスメンテナンスの施工事例はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg


外壁塗装リフォーム・屋根リフォームをお考えの方はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg


意外と知らない⁉︎ 外壁塗装のメリット!遮熱塗料編

  • 投稿日:2017年 12月 9日
  • テーマ:

真夏の太陽の光が強い時期。地面のコンクリートはジリジリと焼かれ、とても素手では触れない!そんな経験ありませんか?住宅の屋根や外壁も同じで表面温度は高い時で80℃なんて日もあるそうです。屋根や外壁が熱くなると室内温度も当然高くなります。外の気温より室内の方が暑い!なんてことも...
そこでオススメしたいのが熱を屋内に侵入させない塗料です。これには大きく分けて、遮熱塗料と断熱塗料の2種類があります。今回は遮熱塗料についてお話ししようと思います。

1、遮熱塗料って?
遮熱塗料は赤外線を反射させる顔料を混ぜて作られた高日射反射率塗料とも呼ばれるものです。高熱の原因となる赤外線、その赤外線を反射することで塗料を塗った屋根や外壁の表面温度の上昇を抑える働きを持ちます。まさに夏に適した塗料と言えます。

2、遮熱塗料のオススメは?
オススメの1つとしてアステック社のEC-2000F‐IRという塗料があります。塗料に含まれるナノセラミック粒子が赤外線を反射するだけでなく、塗膜内に吸収した熱も放出する優れものです。さらに耐久性が素晴らしく、通常の塗料の寿命が5年ほどなのに対し、こちらは15年も持つという経済的にも塗り直しの手間としても嬉しい性質を持っています。

遮熱塗料について、いかがでしたか?次回はもう1つの断熱塗料についてお話しさせていただこうと思います。



どっちがいいの?外壁塗装の大手業者と地元業者の違いとは⁉︎地元業者編

  • 投稿日:2017年 12月 8日
  • テーマ:

外壁塗装を考えた時に、大手業者に頼むか地元の業者に頼むか迷ったことはありませんか?そんな方のために大手業者と地元業者のメリットとデメリットを紹介しています。前回は大手業者に依頼した場合をお話ししました。今回は、自身の住んでいる地元の業者に依頼した時のメリットとデメリットについて紹介します。ここでの地元業者とは、地域に根ざして今までやってきている業者、タウンページに掲載されているような業者の事を指しています。

1、地元業者のメリット
地元業者のメリットは自身の住む地域性に詳しいという点です。地元業者は、その地域に根ざして昔から工事を行ってきているのでその地域性を大変よく知っています。寒さ、厚さ、雨、風、雪、海の傍なら塩の対策など、地域性に合わせた施工を考えてくれます。
また大手とは違い、下請け会社を仲介しないので料金も安く抑えられます。

2、デメリット
地元業者のデメリットは大手とは反対に、保証が短く手厚くない可能性がある点です。そしてきちんとした業者を選ばないと、価格が安い分塗装のクオリティも低い結果になり得ません。
また知り合いの紹介や知人の業者の場合、断りづらかったり他者と比較するのが気まずいといった例もあります。

これまで2回にわたって大手業者と地元業者との比較を行ってきました。どちらも一長一短ということがわかると思います。だから外壁塗装を考える際は、1つの企業で決めてしまわず複数を比較して決めることが重要だと言えます。



前の記事 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装の窓口

一宮でリフォームをお考えの方は、はじめにお読みください

  • 一宮でリフォームをご検討中の方はハウスメンテナンスにお任せください。
  • 一宮でリフォームをご検討中の方はハウスメンテナンスにお任せください。
  • 一宮でリフォームをご検討中の方はハウスメンテナンスにお任せください。
  • 一宮でリフォームをご検討中の方はハウスメンテナンスにお任せください。
  • 一宮でリフォームをお考えの方は地域密着対応した当社へお任せください。
  • 一宮でリフォームをお考えの方は地域密着対応した当社へお任せください。
  • 一宮でリフォームをお考えの方は地域密着対応した当社へお任せください。