一宮でリフォームをするなら信頼・実績のあるハウスメンテナンスへ
一宮でリフォームをするならハウスメンテナンスにお任せください
一宮でリフォームをするならハウスメンテナンスへ
一宮でリフォームをするならハウスメンテナンスへ。施工実績多数あり
一宮で屋根の修理営繕をするならハウスメンテナンスへ
一宮で屋根の修理営繕をするなら信頼・実績のハウスメンテナンスにお任せください。

どっちがいいの?外壁塗装の大手業者と地元業者の違いとは⁉︎大手業者編

  • 投稿日:2017年 12月 7日
  • テーマ:

外壁塗装を決意して、いざ依頼先を探してみると塗装業者はたくさん!大手業者もあれば、住んでいる場所の地元の業者もある...。大手の方が安心な気もするけど、地元企業の方がしっかりやってくれそう?そんな漠然としたイメージをお持ちの方に向けて、外壁塗装業者の大手企業と地元企業の違いについてご紹介します。まず今回は大手業者の特徴を踏まえて、メリットとデメリットについてお話しします。

1、大手のメリット
大手業者の大きな強みは、やはり保証がしっかりしていることです。外壁塗装は塗装が終わってから新たなトラブルが発生したりと、塗装したその後が大切です。そこで大手業者は手厚い保証が設定されていることが多く、塗装後がとても安心です。
また、大手業者は手抜きが少ないという特徴もあります。大手業者に依頼した場合、実際に施工を行うのが下請け会社です。下請け会社は何か問題があると仕事がもらえなくなるため、しっかりと仕事をするのです。

2、大手のデメリット
大手業者のデメリットは見積もりが高額になりやすい点です。営業費用、下請けの仲介、広告費などが割高となる理由です。また、施工者が1社ではなく入れ替わりで何人もが担当した場合、話が通じなかったり業務にズレが生じる可能性があります。

いかがでしたか?大手業者はCMなどを見て安心なことが多いですが、それだけで決めるのは危険かもしれません。それでは地元業者はどうなのか、次回にお話ししようと思います。



どの塗料にすればいいの? 外壁塗装に使う塗料を比較!ナノテク塗料編

  • 投稿日:2017年 12月 6日
  • テーマ:

外壁塗装に使われる塗料には様々な種類があり、それぞれに特徴を持っています。近年では高機能塗料と呼ばれる塗料が人気を集めています。塗料を使って塗り替えて美観を保つという目的だけでなく、それに付加価値をプラスした塗料が求められるようになりました。そんな高機能塗料の1つが、ナノテク塗料ナノコンポジットWです。ナノテク塗料ナノコンポジットWは、ナノテクノロジーから生まれた塗料を指します。今回はこのナノテク塗料について紹介します。

1、ナノテク塗料とは?
ナノテク塗料とは、通常の塗料に比べて粒子の粒が非常に小さい塗料で、粒子の中にはガラスの微粒子(超微粒子シリカ)が配合されており、その効果により様々なメリットが望める塗料です。

2、どんなメリットがあるの?
ナノテク塗料ナノコンポジットWには今までの塗料と違う、高機能な特徴を持っています。外壁は空気中のホコリなどの汚染物質が付着することで汚れとなり、そこから劣化してしまいます。しかしこの塗料は汚れにくい性質があるため、結果的に外壁の劣化を抑えてくれます。また独自の重合技術が搭載されているため変色しづらく、カビや藻が発生しづらいというメリットも併せ持っています。

このようにナノテク塗料は高価ではありますが、非常に高い機能を持っています。予算に少し余裕があり、より良い効果を得たいという方はぜひ使用してみてください。



どの塗料にすればいいの? 外壁塗装に使う塗料を比較!フッ素塗料編

  • 投稿日:2017年 12月 5日
  • テーマ:

外壁塗装に使用される塗料は、耐用年数と価格を用いた費用対効果を軸に比較されることが多いです。前回はシリコン塗料という、耐用年数も程よく価格も高くないという非常にコストパフォーマンスの良い塗料を紹介しました。今回紹介するのはフッ素塗料です。

1、フッ素塗料の特徴は?
フッ素塗料の特徴は、何と言っても耐久性の高さです。耐久年数は15年から20年と外壁塗装に使用される塗料の中で最も高いです。ただフッ素塗料はまだ歴史の浅い塗料で、価格が安くないため、その分割高になってしまうのも特徴と言えます。しかし耐久年数が他の塗料より長いため、長期的に見ると逆に割安になることが見落とされがちです。初めに言ったように、外壁塗装は費用対効果で比較することで何がリーズナブルかを見極める必要があります。

2、どんな建物に効果的?
フッ素塗料が使用されている建物として有名なのが六本木ヒルズがあります。会社のビル、特に高層ビルは塗装工事も大掛かりで費用も手間もかかるので、出来るだけ1回の工事で長持ちさせたいというのが一般的です。そこでフッ素塗料の耐久性が活きるのです。高機能で耐久性の高いフッ素塗料は次の塗装工事まで期間を空けたい方にうってつけだと言えます。

いかがでしたか?フッ素塗料も耐久性という強みがありシリコン塗料とは使用目的が少し変わってきます。自身にあった目的で塗料を選ぶのが損をしない外壁塗装につながると言えるでしょう。



前の記事 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装の窓口

一宮でリフォームをお考えの方は、はじめにお読みください

  • 一宮でリフォームをご検討中の方はハウスメンテナンスにお任せください。
  • 一宮でリフォームをご検討中の方はハウスメンテナンスにお任せください。
  • 一宮でリフォームをご検討中の方はハウスメンテナンスにお任せください。
  • 一宮でリフォームをご検討中の方はハウスメンテナンスにお任せください。
  • 一宮でリフォームをお考えの方は地域密着対応した当社へお任せください。
  • 一宮でリフォームをお考えの方は地域密着対応した当社へお任せください。
  • 一宮でリフォームをお考えの方は地域密着対応した当社へお任せください。