一宮でリフォームをするなら信頼・実績のあるハウスメンテナンスへ
一宮でリフォームをするならハウスメンテナンスにお任せください
一宮でリフォームをするならハウスメンテナンスへ
一宮でリフォームをするならハウスメンテナンスへ。施工実績多数あり
一宮で屋根の修理営繕をするならハウスメンテナンスへ
一宮で屋根の修理営繕をするなら信頼・実績のハウスメンテナンスにお任せください。

外壁をおしゃれに!サイディングボードの種類〜金属系サイディングボード〜

  • 投稿日:2017年 6月15日
  • テーマ:

外壁に利用されるサイディングボードとは、外壁に貼る板状のボードのことです。工場で製品されることから品質が安定しており、かつ価格が安いと言う特徴があります。また施工性が高いので、他の外壁材に比べると施工費が安い傾向にあります。そんなサイディングボードにはいくつかの種類があります。その中のひとつ、金属系サイディングボードの特徴としては以下のようなことが挙げられます。

まずは丈夫で腐食しにくいと言う点です。これは、金属系サイディングボードはステンレスのような丈夫さと、アルミのような腐食のしにくさを兼ね備えているためです。金属の良いところどりと言うことです。

それから、非常に軽量と言うのも特徴のひとつです。ステンレス、アルミを想像するとわかりやすいですが、これらは共にとても軽量です。そのため金属系サイディングボードも軽量であり、このことから建物に対しての負荷がかかりにくいと言うメリットを得ることもできます。建物への負荷が少なくて済むと言うのは、建物の耐久性にも関わってくることです。

更に防水性に優れていると言う点も挙げられます。表面がスチール板やメッキなどで施されているため、非常に水が染み込みにくいです。そのため水の侵入による外壁や建物の劣化を防ぐことに対しても、高い効果を期待することができます。



一宮市奥町で新築工事、建て方、建築工事を行いました。

  • 投稿日:2017年 6月14日
  • テーマ:

新築工事の土台伏せから棟上げまでについてのお話しをします。



基礎工事が完了すると次の工程は、『土台敷き』。土台敷きとは、基礎コンクリートの上に土台や大引を設置していく作業のことです。
基礎も大事な工程ですが、この土台敷きやこのあとの構造部分は住宅の骨組みとなる大変大事な工程です。


前回説明した基礎から出ているアンカーに土台敷いていき、アンカーボルトで固定していきます。


そして、基礎の天端には基礎パッキンを敷きます。

基礎パッキンは基礎と土台の間に設置するものです。
基礎内側(床下)と外部を換気することを目的とし設置しています。



基礎に長方形の換気口を開けて換気させるより今は基礎パッキンを使っての換気が主流となっています。

新築工事の土台敷き.jpg



ここから『建て方』に入っていきます。


建て方とは土台→柱→梁と施工して行き棟上げをするところまでの工程を言います。
地方によっては呼び名は変わりますが参考までに、柱について説明します。


1.通し柱
土台から天井の軒桁部分まで、1階から2階の天井まで伸びている柱を言います。

2.菅柱
土台から1階の天井、2階の床部分にある胴差しまで伸びてる柱を言います。

3.間柱
柱の間に設ける物をいいます。


2階部分の柱を立て、梁と桁を設置し『小屋組』に入ります。
小屋組とは、小屋束→母屋→垂木→火打ち→棟木→野地板と設置していく作業です。

新築工事 足場仮設.jpg


新築工事 棟上げ作業中.jpg


新築工事の棟上げ中.jpg


新築工事の棟上げ後.jpg



棟木までを設置する作業を棟上げと言います。

この後、屋根工事に入っていきます。
屋根施工は次回のお楽しみです。
(前回の内容はこちら→一宮市奥町で新築基礎工事を行った様子



新築工事、リフォーム工事のご相談、見積りは無料で承っております。
ご相談はこちらまでどうぞ:0120-979-994







そしてそして、告知です!!!!!

『外装リフォーム相談会』



6月24日(土)、6月25日(日)
10:00-16:30
場所:名古屋文理大学文化フォーラム 会議室 で開催します。

この記事を「いいね!」と思った方は右のボタンからぜひFacebookページに「いいね!」をお願いいたします。→ iine.jpg

ハウスメンテナンスの施工事例はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg


外壁塗装リフォーム・屋根リフォームをお考えの方はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg


外壁塗装で得られる驚くべき効果とは! その2

  • 投稿日:2017年 6月14日
  • テーマ:

外壁塗装は外観の見栄えをよくするだけではなく、住宅そのものを雨風や直射日光から保護するために行うことを目的としています。
しかし、その耐用年数は10年程度と永続ではないため、定期的な塗り直しを行わないと、防御力は弱まっていき、外壁のひび割れなどをおこし、雨漏りの原因となってしまう恐れがあります。

また、外壁塗装はこうした雨風からのダメージを保護するだけではなく、様々な追加効果も期待できることから、最新の外壁塗装を施工するのは非常におすすめです。

その効果として最もポピュラーなものが、断熱効果となります。

外壁塗装による断熱効果は夏場の遮熱効果はもちろん、冬場の室内の暖気を逃さないことにもなるため、光熱費の大幅な節約が期待できるといえます。

さらに、断熱効果のある外壁塗装は防音効果に優れているものも多く、夜間の交通音などを様々な騒音気にしている方にとっては非常にメリットがあるといえるでしょう。

外壁塗装は定期的に塗り直しの必要があるため、こうした住宅の保護以外にもメリットのある塗料を選択することが非常におすすめです。



前の記事 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
外壁塗装の窓口

一宮でリフォームをお考えの方は、はじめにお読みください

  • 一宮でリフォームをご検討中の方はハウスメンテナンスにお任せください。
  • 一宮でリフォームをご検討中の方はハウスメンテナンスにお任せください。
  • 一宮でリフォームをご検討中の方はハウスメンテナンスにお任せください。
  • 一宮でリフォームをご検討中の方はハウスメンテナンスにお任せください。
  • 一宮でリフォームをお考えの方は地域密着対応した当社へお任せください。
  • 一宮でリフォームをお考えの方は地域密着対応した当社へお任せください。
  • 一宮でリフォームをお考えの方は地域密着対応した当社へお任せください。