一宮でリフォームをするなら信頼・実績のあるハウスメンテナンスへ
一宮でリフォームをするならハウスメンテナンスにお任せください
一宮でリフォームをするならハウスメンテナンスへ
一宮でリフォームをするならハウスメンテナンスへ。施工実績多数あり
一宮で屋根の修理営繕をするならハウスメンテナンスへ
一宮で屋根の修理営繕をするなら信頼・実績のハウスメンテナンスにお任せください。

愛知県一宮市で古くなったレンジフードの交換工事を行いました。

  • 投稿日:2017年 6月10日
  • テーマ:

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!
一宮の総合リフォーム店「ハウスメンテナンス」です。




こんにちは、ハウスメンテナンスの菱川です。


今日は一宮市のK様邸のレンジフードの交換工事についてお伝えしていきます。



まず、レンジフードには2種類あり、プロペラファンシロッコファンがあります。


空気を外に排出することはどちらも変わりませんが、
直接排気をするか、ダクトを伝って排気するかの違いとなります。


また、掃除することを考えると、シロッコファンの方がお手入れが楽で、
キッチン用の洗剤で洗ってあげるだけで、汚れが落ちやすいようになっています。



既設のレンジフードがプロペラファンのお宅だと、
掃除の点を考えてシロッコファンに変えられる方がよくいらっしゃいます。



では、作業工程をみていきましょう。

20170610レンジフード交換 (2).jpg



まずは、既存のレンジフードを撤去していきます。
ビスで止まっているのでビスを外してから本体を取り外していきます。
既設のレンジフードはプロペラファンになります。

20170610レンジフード交換 (3).jpg


ダクトから外に空気を排出するための下地作りです。
ダクトが通るキットを取り付けていきます。

20170610レンジフード交換 (4).jpg


外から鳥が入ってこないように、鳥よけのネットを取り付けます。


20170610レンジフード交換 (5).jpg

本体を取り付け、本体と排気口をダクトで繋げます。


20170610レンジフード交換 (1).jpg


最後は、ダクトなどが見えないように前幕板というカバーを表につけます。


これにて完成です。


作業時間は3時間ほどです。


K様邸は朝9時から現場に入り、お昼前には作業は終了しました。


水まわりのご相談は、ハウスメンテナンスへ是非どうぞ。






そしてそして、告知です!!!!!

『外装リフォーム相談会』



6月24日(土)、6月25日(日)
10:00-16:30
場所:名古屋文理大学文化フォーラム 会議室 で開催します。

この記事を「いいね!」と思った方は右のボタンからぜひFacebookページに「いいね!」をお願いいたします。→ iine.jpg

ハウスメンテナンスの施工事例はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg


外壁塗装リフォーム・屋根リフォームをお考えの方はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg


愛知県一宮市で屋根塗装、外壁塗装を行う為に足場仮設工事を行いました。

  • 投稿日:2017年 6月10日
  • テーマ:

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!
一宮の総合リフォーム店「ハウスメンテナンス」です。





愛知県 一宮市にて、屋根塗装外壁塗装を施工させていただく為、足場仮設工事をさせて頂きました。



チラシを見て頂きお客様より無料見積もり、無料診断のご依頼を頂きました。
その結果、屋根、外壁には劣化が多く見られました。


写真の通りチョーキングしてしまっています。
(外壁材を触ったときに手に粉のような外壁の色がつくこと。白亜化現象)

20170610外壁塗装工事 (3).jpg



さらに、外壁の繋ぎ目に打ってあるシーリング(ゴム、シリコンのようなもの)が紫外線劣化を受け、
外壁内部への浸水をくり返し、外壁本体に反りや、割れも見受けられました。

20170610外壁塗装工事 (1).jpg

20170610外壁塗装工事 (2).jpg


外壁本体に劣化が出ている為なるべく早めの修理が必要になります。
(外壁本体の反りや割れが酷い場合は塗装工事での修理が出来ない可能性が高まります)


すぐに足場屋さんに連絡を取り、足場を仮設する為の現地調査に入りました。
足場屋さんからは足場を組むスペースは問題ないとの事でしたが、
袋小路の為近隣にお住いの方には事前挨拶が必要との事でした。
(足場屋さんの工事車両は9割トラックになります。
袋小路や道が狭いところは、近隣にお住いの方々にご迷惑をおかけすることがあります)

20170610外壁塗装工事 (4).jpg


しっかりと近隣にお住いの方々に事前挨拶を行い、無事に足場仮設工事を行えています。
足場を仮設する大半の工事が、工事期間が長くなる工事です。(外壁塗装の場合 2週間ほど

お客様はもちろんのこと、近隣にお住いの方々のご協力なしでは工事は進めることができません。



弊社では、近隣にお住いの方々へのご迷惑をおかけするということとご協力に感謝して、
簡単ではありますが粗品の方もお渡しておりますm(__)m


僕たちは、足場を解体すればいなくなりますが、お客様はずっと住み続けます。

工事をする際は、安全第一、ノークレーム、近隣にお住いの方々への配慮などが必要だと思います。



今回も無事に足場仮設工事を終えました。
明日から塗装工事に入ります。

20170610外壁塗装工事 (5).jpg

20170610外壁塗装工事 (6).jpg

20170610外壁塗装工事 (7).jpg




そしてそして、告知です!!!!!

『外装リフォーム相談会』



6月24日(土)、6月25日(日)
10:00-16:30
場所:名古屋文理大学文化フォーラム 会議室 で開催します。

この記事を「いいね!」と思った方は右のボタンからぜひFacebookページに「いいね!」をお願いいたします。→ iine.jpg

ハウスメンテナンスの施工事例はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg


外壁塗装リフォーム・屋根リフォームをお考えの方はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg


業者が行う手抜きを知り、トラブルを防ごう〜下地処理編〜

  • 投稿日:2017年 6月 8日
  • テーマ:

美観や耐久性、断熱性の向上など様々なメリットがある外壁リフォームですが、実施の際に注意する必要があるのが、悪徳業者による手抜き工事です。大手メーカーや地域に密着した地元業者など、優良な塗装業者が多い一方で悪徳業者によるトラブルが多いのも事実なので、トラブルを防ぐ為にも手口を知っておくことが必要不可欠となります。

そんな悪徳業者が行う手抜きの中でも特に注意する必要があるのが、下地処理です。ヒビの手入れをしない、壁面の凹凸を補修しないなど、必要な下地処理を行わないで塗装を行ってしまう業者も一部に存在しますが、そういった工事では短期間でまたヒビが発生するなど、様々なトラブルが発生してしまいます。

下地処理に関する手抜きが多い大きな理由は、塗装したらわからないという点にあります。工事が終わってしまえば表面的には見抜くことは難しく、トラブルが起きてから初めて気付くというケースが少なくありません。この為、事前にヒビがある箇所をしっかりと確認し、工事の際に下地処理が行われているかどうかをチェックするのが確実です。

また、見積もりの際に下地処理が料金に含まれているかどうかをチェックすることも大切となります。極端に安い料金、短い工期の場合、下地処理がカットされている可能性があるので注意しましょう。



前の記事 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13
外壁塗装の窓口

一宮でリフォームをお考えの方は、はじめにお読みください

  • 一宮でリフォームをご検討中の方はハウスメンテナンスにお任せください。
  • 一宮でリフォームをご検討中の方はハウスメンテナンスにお任せください。
  • 一宮でリフォームをご検討中の方はハウスメンテナンスにお任せください。
  • 一宮でリフォームをご検討中の方はハウスメンテナンスにお任せください。
  • 一宮でリフォームをお考えの方は地域密着対応した当社へお任せください。
  • 一宮でリフォームをお考えの方は地域密着対応した当社へお任せください。
  • 一宮でリフォームをお考えの方は地域密着対応した当社へお任せください。