和室のデメリットについて

  • 投稿日:2017年 4月26日
  • テーマ:

和室は日本の住宅の多くに設置されています。
少し時代が前の住宅はほとんどが和室で構成されているということがあります。
しかし最近は洋室が主体で、ほとんど和室を設けていない家も多くなっています。
和室にはデメリットも多くあるためです。

まず一つ目のデメリットとしては、『メンテナンスが大変』ということが挙げられます。
和室の床は畳であることが多いですが、その場合、目の細かい部分に汚れやほこりが入ってしまうととることが難しくなります。
本格的にきれいにするなら畳を変えなくてはならず、手間や費用が掛かります。
また、砂壁などは拭き掃除なども難しいため、結果的に汚れをそのまま放置してしまうことになり、薄汚れたように見えてしまうものです。

また、畳は柔らかい素材なので、『重いものを置くと凹む』という事もデメリットとして挙げられます。
重い家具などが安定しなかったり、動かした後に跡が残ってしまうなどという事にもなりかねません。

また、『近代的なインテリアが似合わない』ということが挙げられます。
私たちの生活は洋風化しています。
日常使うものなども洋風になりがちですが、そういったものは和室に似合わないのです。

和室にはこのようなデメリットを感じていたら、洋室へのリフォームという事も考えてみるとよいでしょう。

和室にリフォームしよう〜和室のメリット〜

  • 投稿日:2017年 4月25日
  • テーマ:

最近は和室がない家も珍しくありませんが、かつてはどの家にもありました。
畳は日本の伝統的なものであり、様々なメリットがあります。

よく言われるメリットは『多目的に使えること』です。
テーブルを置けば家族が集まる場所になりますし、布団を敷けば寝室になります。
お雛様や五月人形を飾るにもぴったりです。
また、友人や親戚が来た時に客室にすることもできます。
かつては隣り合った和室の間の襖を外し、たくさんの人が集まれる場にしていました。

『防音効果があること』も良い点です。
マンションなどでは下の階への騒音が気になりますが、クッション性のある畳には防音効果があり生活音を抑えることができます。
小さな子供がいる家庭にもおすすめです。

『季節問わず快適に過ごすことができる』という点も注目です。
断熱効果がありますので冬は暖かく感じますし、夏は涼しく感じます。
冷房、暖房も効きやすくなります。
吸湿性がありますので、夏の不快な湿気も軽減されるでしょう。


今は減っている和室ですが、以上のメリットがあることから、家を購入する人の中には一部屋だけでも和室を作る人が少なくありません。
快適に生活するために、和室にリフォームすることを検討してはどうでしょうか。

要注意!外壁塗装の際に気をつけるポイントについて その2

  • 投稿日:2017年 4月24日
  • テーマ:

外壁塗装を行う際に注意したいこととして、色の選び方があります。
一般的に外壁闘争の際には一つの色を大きな面積で塗装することが殆どであるため、その色の明るさに十分な配慮が必要になります。


色には面積に応じて明るい色はより明るく見える性質が有ります。
その為、カラーサンプルを見る場合とはその色の明るさが異なって見えることに注意が必要です。


もう一つは、光源色により見え方が変わってくることです。
光源色とは光を発生する太陽や蛍光灯などが本来持っている色調のことで、光を発生しないものはこれらの光に照らされることでその色が認識されることになります。
その為、同じ色の物であっても太陽の光の下で見る場合と蛍光灯の光で見る場合とでは全くその色調が変わってくるのです。


色選びの際の注意点は、光源色について十分に意識することです。
外壁塗装の色は一般的に日中太陽の光に照らされて色を放つものなので、カラーサンプルを参考にする場合は外で見ることを心がけることが大切です。
光源色には赤みがかったものや青みがかったものが有りこれらの光ではそれぞれ赤っぽく見えたり、青っぽく見えたりすることになります。
これらの目の錯覚に気をつけるためにも、光源色を意識して色選びをする事が大切です。

前の記事 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
選ばれる理由 外壁屋根相談会
ガイソーについて 外壁塗装の窓口 一宮市周辺の不動産情報はワントップハウス アルソック取扱店です アプラス オリコローン 住宅ローン乗り換え