江南市で年数の経過したトタンの塗装を行いました

  • 投稿日:2021年 8月 2日
  • テーマ:


今回は、江南市でのトタンの塗装工事の様子を紹介します。
今回のお家の下屋根はトタンを使用されており、その上にベランダを立てていました。
年数の経過したトタン屋根 (1).jpg年数の経過したトタン屋根 (2).jpg

トタン屋根は以前からよく使われている金属の屋根材で、錆びにくいという特徴があります。
金属の外装材は劣化しにくいですが、錆びによって穴が空いてしまう事もあるという弱点がありますが、
トタン屋根はその弱点である錆びに強いので、とても長持ちします。

ただ、いくら錆びに強いと言っても時間が経ってしまうと徐々に劣化し、最後には穴が空いてしまいます。
また、このお家の場合は構造上の問題もあり、
屋根の斜面の途中に出窓があるため、雨水が出窓でせき止められてしまっています。
写真を見ると分かりやすく、水が溜まってしまっていた影響からか、コケが生えてしまっています。

このような状態になってしまう前に、外装材の上に塗装をする事をお勧めしています。
トタンに錆止めを塗装した様子 (1).jpgトタンに錆止めを塗装した様子 (2).jpg

こちらは塗装中の様子です。
この赤い塗料は錆止めという塗料になります。
この塗料を金属に塗ると、錆びにくくなります。
トタン屋根の塗装後の様子 (1).jpgトタン屋根の塗装後の様子 (2).jpg

その上から塗料の本剤を2回塗装して工事は完了になります。
トタンなどの金属の外装材は、錆びてしまうとどんどん腐食が進んでいき、最後には穴が空いてしまいます。
金属を外気に晒さなければ大丈夫なので、塗装などの手段で対策する事ができます。

金属の外装材を長く持たせないのであれば、塗装の工事はお勧めです。




選ばれる理由 外壁屋根相談会
ガイソーについて 外壁塗装の窓口 一宮市周辺の不動産情報はワントップハウス アルソック取扱店です アプラス オリコローン 住宅ローン乗り換え