一宮市で、和瓦屋根の漆喰の修理をしました。

  • 投稿日:2022年 3月 2日
  • テーマ:


今回は一宮市での漆喰の修理の様子を紹介します。
今回のお家は、これまであまり屋根の状態を確認できておらず、点検も含めてのご依頼でした。
黒ずんでしまっている巴がわら下の漆喰黒ずんでしまっている面戸の漆喰黒くなってしまった小さい棟の漆喰

今回のお家は和瓦を使用していました。
和瓦の屋根には、漆喰という、白い石灰などを固めたセメントのような物が使用されています。
漆喰は、瓦にできる継ぎ目を埋めるような形で塗られており、
中に入っている土が外に出ないようにする働きがあります。

今回のお家では、既に漆喰が黒くなっていました。
雨が何度も通る事で、染みのような形で黒ずんでしまっています。
このような黒ずんでしまっている状態は、水はけが悪くなってしまっているため、
漆喰自体の耐久性が劣化しています。

おおよそ、15年ぐらいからこのような状態が見られるようになるため、
早めの漆喰の修理が必要になります。

面戸の漆喰を剥がした状態面戸の漆喰を剥がした状態

こちらは施工中の様子です。
棟瓦の下の隙間にあった漆喰を剥がしました。
一度劣化した漆喰の上から漆喰を塗ってしまうと、
古い漆喰と共に新しい漆喰が剥がれてしまう可能性があるため、一度剥がす必要があります。
また、今回のお家では、漆喰が外側に出すぎていました。
漆喰が外側まで出るほど厚みがあると、雨が屋根の中に入りやすくなってしまいます。

綺麗になった面戸部分の漆喰綺麗になった小さい棟の漆喰綺麗になった棟の漆喰

新しい漆喰を綺麗に塗って完成になります。
最初の写真を見比べてみると分かりやすいですが、最初の漆喰はかなり厚みがありました。
今回は、厚みにも気を付けて漆喰の修理をさせていただきました。

和形の屋根は、他の屋根と比べても比較的安価で修理ができます。
しかし、きちんとタイミングを見て修理を行わなければ、最後には雨漏れしてしまいます。

そうならないように、定期的に屋根の点検を受けるようにしましょう。


選ばれる理由 外壁屋根相談会
ガイソーについて 一宮市周辺の不動産情報はワントップハウス アルソック取扱店です アプラス オリコローン 住宅ローン乗り換え