木造の家に合う塗料は? 前編

  • 投稿日:2017年 9月30日
  • テーマ:

木造住宅に漂う和風な雰囲気というのは魅力的ですよね。
外壁塗装の際にこの魅力を生かすには、木造の家に合った塗料を選ぶ必要があります。

・木造の家に合う色は?
まず、和風な住宅にするのであれば、茶色系が人気の色となっています。
茶色は木の色に近い上に、汚れや傷が目立ちにくいという性質があります。

洋風の家には薄めの茶色が用いられることが多いのですが、対する和風の家には濃い茶色が用いられることが多いです。
他にも、どんな構造にも合う白色が選ばれることも多いですが、少し汚れが目立ちやすいという側面もあります。ただ、清潔感のある色なのは間違いないです。

・木造の家の特徴は?
木造住宅の特徴としては、湿気による伸縮性があること、木目によって強度が変わること、直接人が触れる場所に多く使用されるなどがあります。調質機能は、木材を優れた素材たらしめる要因になっています。

また、木は木目によって強度が変わってくるので、しっかりと強度を確保できるように使用されます。
現在はコンクリート住宅にも木材は多く使用されており、特に人が触れるようなところに多く使用されています。
木造住宅は、火災に弱いという欠点があるものの、災害に強くて高寿命というメリットがあります。


いかがでしたか?
今回の導入を踏まえたうえで、次回は木造の家に合う塗料をご紹介していこうと思います。



可児市にて外壁塗装と窓ガラス、網戸張り替えの工事をしました

  • 投稿日:2017年 9月30日
  • テーマ:

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!
一宮の総合リフォーム店「ハウスメンテナンス」です。




本日は可児市N様宅にて台風による被害でお問い合わせ頂き、保険の申請から施工まで行いました。

お隣様のテラス屋根が台風でとんできてしまい、二階の部屋部分に直撃してしまったそうです。
被害状態がひどく、窓ガラスは割れ、エアコンカバーも割れ、
外壁にテラスの屋根(ポリカ)が突き刺さり、直撃した時の衝撃の強さがうかがえます。

台風でボロボロになった外壁

台風でボロボロになった外壁(アップ)

台風でボロボロになった外壁②

台風でボロボロになった外壁③


実はN様宅は、1年前に弊社で屋根塗装と外壁塗装の施工をさせていただいており、
そこに今回このような被害があり、もう一度しっかり施工をさせていただきました。


まずは突き刺さったポリカを取り除き、汚れもあった為、高圧洗浄を行いました。
汚れが落ちているかの確認をしながらの作業なので、思ったよりも時間がかかります。


次に外壁下地の補修を行います。
外壁にこれだけの破損があり、施工に1人で半日近くかかってしまいました。

実は外壁塗装をする上で、この下地補修がとても大切なのです。
下地補修をしっかりしておかないと塗膜の耐久性に問題がでてきます。
※必ず塗装をする際には下地補修箇所、補修等の仕方には気をつけてください。


ここからがやっと塗装の作業に入っていきます。

まずは下塗りを行なっていきます。
下地の状態や塗料によって下塗り材料は変わってきますが、
今回は関西ペイントのアレスシリコンクラフトで施工させていただきました。


次に本剤を塗っていきます。
今回はフッ素4Fの塗料で塗装し、本剤は必ず二度塗りを行います。

中々二度同じ塗料を塗ると塗り忘れや確認もできるので、
外壁塗装工事をする際には色をわけてあげるのも1つの手ですね

外壁補修塗装後

補修塗装後の外壁

補修塗装でキレイになった外壁

補修塗装後の被害箇所


弊社では外壁塗装工事だけでなく、
外壁の貼り替え工事、重ね貼り工事も行なっております。

もし気になる事があればお気軽にお問い合わせください。







そしてそして、告知です!!!!!

『外装リフォーム相談会』



9月30日(土)、10月1日(日)
10:00-16:30
場所:一宮スポーツ文化センター 第6会議室 で開催します。

この記事を「いいね!」と思った方は右のボタンからぜひFacebookページに「いいね!」をお願いいたします。→ iine.jpg

ハウスメンテナンスの施工事例はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg


外壁塗装リフォーム・屋根リフォームをお考えの方はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg



各務原市つつじヶ丘のお宅で漆喰工事を施工しました!

  • 投稿日:2017年 9月30日
  • テーマ:

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!
一宮の総合リフォーム店「ハウスメンテナンス」です。




本日は、以前工事をさせて頂いたお宅にメンテナンス工事をさせて頂いた際に
ご近所様に営業をしたところ、漆喰を気にしていたお客様にお会いして漆喰の工事を施工する事になりました。

今回は和瓦ではなく洋式の瓦を施工しました。
さて皆さんのお家の屋根はこう言った状態ではないでしょうか?

黒ずんでいる漆喰

黒く変色した漆喰

黒くなっている漆喰

変色した漆喰


漆喰が黒くなっていたり、漆喰にヒビが入っていたりなど
上の写真にあげた状態にもしなっていたら屋根の手入れの時期だと思ってください。

普段あまり見ることのない屋根ですが、一般的に壁よりも劣化が早いと言われています。
屋根は業者さんにお任せにしていたりする事が多いのですが
しっかり見てもらってるってお宅は少ないそうです。

こう言った事に気付かずそのままにしておくと、このように中にある木が腐ってしまいます。

腐っている垂木

腐っている垂木②


見えないところで家屋の劣化は始まっています。
このようになると雨漏れに繋がる可能性が高くなりますので、屋根は定期的に手を加えてあげてください。

今回は手入れの時期が遅く漆喰の工事の予定でしたが、
雨漏れが見つかり葺き替え工事となりました。


皆さん一度自分のお宅の屋根を見て上の写真のようになってないか確認して、
もし上の写真のようになっていた時はご相談ください。






そしてそして、告知です!!!!!

『外装リフォーム相談会』



9月30日(土)、10月1日(日)
10:00-16:30
場所:一宮スポーツ文化センター 第6会議室 で開催します。

この記事を「いいね!」と思った方は右のボタンからぜひFacebookページに「いいね!」をお願いいたします。→ iine.jpg

ハウスメンテナンスの施工事例はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg


外壁塗装リフォーム・屋根リフォームをお考えの方はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg



1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装の窓口