高齢者のためのお風呂リフォーム その2

  • 投稿日:2017年 8月 5日
  • テーマ:


前回に引き続き、高齢者のためのお風呂リフォームについてお話していきます。

・浴室と脱衣所に暖房を設置する

高齢者にとって冬は危険な季節です。

家の中でも温暖差があると、心臓発作などの引き起こしてしまう原因になりかねません。

そして特に危険なのが、お風呂場です。

脱衣所と浴室では温度差が結構ありますし、浴室と浴槽でも温度差が生じます。その温度差で血圧が上昇し、心臓に大きな負荷がかかってしまい、死亡事故につながってしまうケースが非常に多いのです。

したがって、浴室と脱衣所に暖房を設置することをオススメします。

具体的には脱衣所に床暖房を設置したり暖房付きの浴室乾燥機をつけたりするなどのリフォームをすると良いでしょう。

・呼び出しブザーを設置する

何か起きたら、浴室からいつでもリビングに知らせることができる呼び出しブザーを設置しておくと良いでしょう。

ブザーが鳴ればいち早く対処できるので安心できます。

このようなちょっとしたものが命を左右するかもしれませんので、高齢者がいらっしゃる家庭ではできるだけ設置するようにしましょう。

いかがでしたか?

高齢者にとってお風呂場は本当に危険な場所です。

家庭に高齢者がいる方は、できるだけ高齢者が安心してくつろげるようなお風呂リフォームをご検討ください!


前回はこちら→高齢者のためのお風呂リフォーム その1


外壁塗装の窓口