各務原市にて漆喰がボロボロになっていたので工事をしました。

  • 投稿日:2018年 3月11日
  • テーマ:



今回は各務原市のお客様宅の工事です。

今回は、築30年ぐらいのお宅で漆喰が経年劣化により、
黒く変色していたり、ボロボロになって穴の空いた部分もあり、
鬼首に巻いてある漆喰もボロボロになっていたため、漆喰の工事を施工しました。


漆喰工事 施工前

漆喰工事 施工前

漆喰工事 施工前

皆さんのお宅の漆喰はポロポロ落ちてきたり、しませんか?

もし、庭先にそんなことがあれば、漆喰が劣化しているため、補修が必要になります。
そもそも、なんで漆喰が必要なのでしょうか?

屋根の中には葺き土と呼ばれる土が入っていてその上に瓦が載っています。
もしくは桟木と呼ばれる木に瓦を引っ掛けてあります。

この葺き土や桟木は水を吸うため、屋根の中に湿気がこもってしまいます。
その時に瓦で全てを塞いでしまうと湿気が抜けず、水分が抜けなくなってしまうため、雨漏りを起こすことになってしまいます。


それを救うのが漆喰です。
漆喰のところから多少ではありますが除湿ができるため、湿気は多少は、ぬくことができます。
そのため、和瓦などの屋根の漆喰は欠かせないものです。

工事は、まず漆喰は古い漆喰を取っていきます。
これを取らずに漆喰を上から塗る方法はすぐ、漆喰が剥がれてしまう可能性があるのでやめましょう。

それから漆喰を塗っていきますが、混ぜ物の漆喰がホームセンターに売っていたりします。
これも簡易的なもののため、長持ちはしないので、使うなら純粋な漆喰を使いましょう。

漆喰を入れる時は奥までしっかり入れて、細かいところまで漆喰を入れます。
隙間ができるとそこが剥がれる原因になることもあるので注意します。

これで完成です。


漆喰工事 施工後

漆喰工事 施工後

漆喰工事 施工後

施工後も、定期的な点検はやってもらった業者にしてもらうようにしましょう。


そしてそして、告知です!!!!!

『 外 装 リ フ ォ ー ム 相 談 会 』
3月24日(土)、3月25日(日)
10:00-16:30
場所:一宮スポーツ文化センター 第6会議室 で開催します。
絶対に失敗しない外壁リフォームセミナーでは、先着10名様限定!!
外壁の基本から外壁の専門家しかしらない裏話まで!知って得する情報満載です♪

『 リ フ ォ ー ム 感 謝 祭 』
3月17日(土)、3月18(日)
10:00-16:30
場所:ハウスメンテナンス一宮ショールーム
   一宮市西島町1-29-1
入場無料!ご来場粗品あり。決算大特価品も?!
お菓子のつかみ取りや餅まき等、楽しいイベント満載です(^^)/

この記事を「いいね!」と思った方は右のボタンからぜひFacebookページに「いいね!」をお願いいたします。→ iine.jpg

ハウスメンテナンスの施工事例はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg


外壁塗装リフォーム・屋根リフォームをお考えの方はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg

外壁塗装の窓口