愛知県一宮市の外壁塗装工事 シーリング編

  • 投稿日:2019年 11月14日
  • テーマ:


いつもブログをご覧いただきありがとうございます!
一宮の総合リフォーム店「ハウスメンテナンス」です。





おはようございます!ハウスメンテナンスです。

先日足場を仮設したH様邸の工事内容を今日もお伝えしようと思います。




今日は外装工事のなかでも大切なシーリング工事をお伝えしようと思います。

シーリング工事にはまず2種類あります。
1つ目はシーリングの上に塗装をする場合と、もう1つはシーリングの上に塗装をかけず化粧打ちと呼ばれる打ち方で施工するものです。

ハウスメンテナンスでは基本的には化粧打ちをおすすめしております。
その理由に関係する工程からご説明します!



まずは壁と壁の目地部分は撤去していきます

S__26370083.jpg


続いてプライマーと呼ばれる透明に近い接着剤を塗布していきます

S__26370085.jpg


次にシーリング剤を充填していきます。

S__26370086.jpg


撤去した際の写真の裏に青いものが見えるのがお分かりでしょうか?

こちらはバックアップ材三面接着防止ボンドブレーカーと呼ばれるものたちです。
実は戸建ての場合は木造が多く、住宅の動きが大きいのでシーリングを撤去した隙間の部分に全部シーリングがつかないようになっています。

S__26370087.jpg

こちらの画像のように三面で打ち込んでしまうと動きに追従できずシーリング自体も引っ張られプチプチと切れてしまいます。
ここが先程述べたようにハウスメンテナンスが化粧打ちをおすすめしている理由の一つです。
シーリングの上に塗料が乗っかっているとシーリングの動きに塗料がついてこず割れやすくなってしまうのです。後うち(化粧打ち)が必ずしも絶対ということではありません。メリットデメリットももちろんあります。

もちろんシーリングの上に塗料がのっている方が紫外線からは守ってくれます。


S__26370088.jpg

このようなケースになるリスクもあります。

事前に現場調査にきた診断のものと相談するのが1番おすすめします。やはりまずは診断ですね!

工程に戻ります。
充填したらヘラで綺麗にならしていきます。

S__26370089.jpg


仕上がりがこちらです
S__26370091.jpg

シーリングの種類も多数ありますので住宅にあったもの、塗料の耐久年数にあったものなどを選びましょう。

いよいよ週末からは塗装がスタートします。
またブログでご紹介します。




そしてそして、告知です!!!!!

『 ア ピ タ de 住 ま い 相 談 』

 <アピタ木曽川店>
〒493-0001
一宮市木曽川町黒田八ノ通り51−4 アピタ木曽川店1階
TEL:0586-82-3487
FAX:0586-82-3488
 <アピタ稲沢東店>
〒492-8092
稲沢市下津穂所1丁目1-1 暮らしカフェ店内
TEL:0587-33-1011
FAX:0587-33-1012

住まいの相談窓口、ワントップハウスOPENしました!
従来の住まいのリフォーム相談だけでなく
新築、不動産、賃貸、管理、老人ホーム紹介など新たなサービスも始まりました!





この記事を「いいね!」と思った方は右のボタンからぜひFacebookページに「いいね!」をお願いいたします。→ iine.jpg

ハウスメンテナンスの施工事例はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg


外壁塗装リフォーム・屋根リフォームをお考えの方はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg


外壁塗装の窓口