屋根工事の工程について~依頼する前にすべきこと~

  • 投稿日:2017年 4月29日
  • テーマ:


屋根は家の中でも最も重要な部分ともいえる場所ですので、劣化が進んでいる場合にはすぐにでも工事を進めるようにしたほうがいい部分です。屋根工事をせずに雨漏りをさせてしまえば、シロアリの原因になることもありますので、雨漏りをする前に工事をしなくてはなりません。
 
屋根工事をする工程としては、建物関係者ないでの話し合いをしていくようになります。その際には、劣化状況を写真で記録してもらうといいでしょう。施主も屋根に上って状況を確認してもいいですが、素人が屋根に上るのは大変危険ですので、無理をするべきではありません。

写真に撮って劣化状況を見せてもらうことによってどのような状況になっているかを把握しやすいですので、納得して工事を依頼することが出来ます。

工事を進める前にはご近所さんへの挨拶回りは必ず行うようにしましょう。隣家が少し離れていたとしても、埃の問題は騒音の問題が出てきますので、一言挨拶をしておくことです。ご近所さんへの挨拶回りは工事業者が行う場合もありますが、ご近所と顔見知りで親しい間柄であれば自ら挨拶をしに行く方が印象がいいでしょう。

挨拶をしないことでトラブルに発展することもありますので、工事前には必ず知らせておくことです。


選ばれる理由 外壁屋根相談会
ガイソーについて 外壁塗装の窓口 一宮市周辺の不動産情報はワントップハウス アルソック取扱店です アプラス オリコローン 住宅ローン乗り換え