一宮でリフォームをするなら信頼・実績のあるハウスメンテナンスへ
一宮でリフォームをするならハウスメンテナンスにお任せください
一宮でリフォームをするならハウスメンテナンスへ
一宮でリフォームをするならハウスメンテナンスへ。施工実績多数あり
一宮で屋根の修理営繕をするならハウスメンテナンスへ
一宮で屋根の修理営繕をするなら信頼・実績のハウスメンテナンスにお任せください。

屋根の防水工事はどんなものがあるの?~アスファルト防水編~

  • 投稿日:2017年 3月24日
  • テーマ:

さて、今回で防水工事を紹介する記事が最後です。今回ご紹介する防水工事はアスファルト防水です。

アスファルト防水は合成繊維を含むアスファルトによって防水層を形成する施工方法です。アスファルト防水では、防水層を積層することで、さらに水密性の優れた防水層を形成することが可能です。アスファルトは昔ながらの施工方法であり、出来栄えが安定しているため、信頼のおける防水工事とも言えます。それでは、アスファルト防水の特徴を見ていくことにしましょう。

・水密性が高い
アスファルト防水は、溶かしたアスファルトを積層していく施工方法であるため、防水層の水密性が非常に高い施工方法です。また防水層の機能がいまいちだった場合にはその上からさらに、別の防水工事を施すこともできます。

・溶炉を利用するため施工が危険
アスファルト防水はアスファルトを溶かす必要があるため、施工を行うためには溶炉が必要になります。アスファルトの融点は非常に高いため、そのような熱を生み出す溶炉を使用するアスファルト防水を行う場合は、安全をしっかり確認することが必要になります

いかがでしょうか?アスファルト防水はこれまでの防水工事の中でも最も耐久年数の長い施工方法です。気になる方は一度検討してみてはいかがでしょうか?

棟板金のめくれ 屋根修繕レポート

  • 投稿日:2017年 3月23日
  • テーマ:

いつもブログをご覧いただきありがとうございます!
一宮の総合リフォーム店「ハウスメンテナンス」です。

稲沢店の坂口です。
稲沢市にお住まいのお客様より、スレートや屋根の板金が外れているようなので見て欲しいとご依頼がありました。

現場に急行すると、隅棟の板金がすっかりめくれてしまって、
垂木が露出している状態でしたので、急いで応急処置をすることに。ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘


変換 ~ S__5398533.jpg変換 ~ S__5398534.jpg


棟板金はビスで固定されたので、ひとまず安心といえばそうなのですが、
色々とお話を伺っていくと外装は約30年全くノーメンテナンスだったそうで、
写真の通り、カビコケサビの三拍子揃った状態でした。


変換 ~ S__5398535.jpg

アスベスト含有のスレート瓦です。
これを工事する場合、解体や塗装工事の高圧洗浄の際は、
作業員や周辺の住民の方がアスベストにばく露しないようによほどの注意が必要となります。


なので、最近はこの上に屋根をかぶせて施工する「カバールーフ工法」のご注文がほとんどです。
そして今回もお客様のご要望でカバールーフ工法を採用して改修することになりました。


変換 ~ S__5398536.jpg
ビフォー

変換 ~ S__5398537.jpg
アフター


横暖ルーフプレミアム
てっぺんの棟には換気棟を採用しています。
なかなか鮮やかな^_^グリーンですね!

続けて外壁塗装工事もご依頼いただいております。


また次回レポートさせていただきますね。(^^)/







そしてそして、告知です!!!!!

『外装リフォーム相談会』



4月8日(土)、4月9日(日)
10:00-16:30
場所:アイプラザ一宮 第4会議室 で開催します。


この記事を「いいね!」と思った方は右のボタンからぜひFacebookページに「いいね!」をお願いいたします。→ iine.jpg

ハウスメンテナンスの施工事例はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg


外壁塗装リフォーム・屋根リフォームをお考えの方はこちら!

金属サイディングサンプル.jpg 金属サイディングサンプル.jpg


屋根の防水工事はどんなものがあるの?~FRP防水編~

  • 投稿日:2017年 3月23日
  • テーマ:

今回も防水工事の特徴について紹介していこうと思います。さて、今回ご紹介させていただくのは、FRP防水です。

FRP防水は、強度の高いFRP、ガラス繊維強化プラスチックを利用して防水層を形成させる防水工事です。この防水法は防水層が非常に強靭で、耐候性・耐久性・耐水性に非常に優れています。また、防水層は1日や2日程度で硬化するため、施工期間が短くて済みます。それでは、FRP防水の特徴を見ていきましょう。

・防水層が強靭
FRP防水層はガラスで補強されているため、非常に強靭です。耐候性・耐水性・耐衝撃性に非常に優れており、重車両などのとてつもなく重い物にも耐えることができます。

・下地の形状に依存しない
これはウレタン防水の特徴でもありますが、FRP防水は下地の形状によらず、施工を行うことが可能です。防水層は継ぎ目のない滑らかな層を形成し、下地との密着性も高いため防水性にも非常に優れています。


・紫外線に弱い
FRP防水は紫外線に弱く、日光を強く当たり続けると徐々に脆くなっていきます。そのため、耐久年数はそこまで長くはありません

FRP防水は最近注目されている防水方法です。気になる方は一度検討してみてはいかがでしょうか?

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装の窓口

一宮でリフォームをお考えの方は、はじめにお読みください

  • 一宮でリフォームをご検討中の方はハウスメンテナンスにお任せください。
  • 一宮でリフォームをご検討中の方はハウスメンテナンスにお任せください。
  • 一宮でリフォームをご検討中の方はハウスメンテナンスにお任せください。
  • 一宮でリフォームをご検討中の方はハウスメンテナンスにお任せください。
  • 一宮でリフォームをお考えの方は地域密着対応した当社へお任せください。
  • 一宮でリフォームをお考えの方は地域密着対応した当社へお任せください。
  • 一宮でリフォームをお考えの方は地域密着対応した当社へお任せください。